車の買取する相場は、業者ごとに違うから。。。。

車買取,相場,買取業者

車の買取相場は、色々な要因で変動します。
車の買取相場が変動する理由の一つが、
買取業者の違いによるという事は、こちらの記事でも少し触れていますが、
同じ車なのになんで違うの?と不思議に思う方のために、もう少し詳しくお話ししますね。

 

 

まずは、車の買取業者によって、買取したあとの車の販売ルートが違うということが挙げられます。
業者専用のオークションに出品したり、自社で再販したり、
海外での日本車の人気を利用して、海外輸出も活発に行われています。

 

この多岐に渡る販売ルートを持つおかげで、中古車を最短・最高額で再販できるため、
買取業者による車の買取相場は、ディーラーの下取り額と比べて、高額になりやすいのです。

 

そして、買取業者によって販売ルートが違うということは、得意とする車や利益率も、違うという事。
それが、車の買取相場に反映されているんですね。

 

例えば、日本で人気のない車、事故車、過走行車、低年式車なども、日本車は、性能もよく、丈夫だということで、海外では需要が高いので、輸出ルートを持つ買取業者に売る方が、車の買取相場は高くなるというわけです。

 

そして、買取業者の変動する在庫状況によっても、車の買取相場は動きます。
例えば、コンパクトカーがよく売れるけど、在庫がないから、高く買取額をつけてもコンパクトカーが欲しい!
今は、軽自動車の在庫が余ってるから、急いで買取する必要はない!
ミニバンを探しているお客様がいるから、急いでミニバンが欲しい!などなど

 

つまり、その時の在庫状況や再販先の需要などによって、
買取業者ごとに車の査定基準やニーズは異なるということ。
高額で車を売るには、あなたの愛車を欲しがっている業者に売る事が大切です。

 

一括車査定サービスなどを利用してみると、複数の買取業者の見積もりが比べられるから便利です。
その時の、買取業者の都合で、必要な車種が違ったり、
または、急いで買取する必要のない車もあります。
それによって、車の買取相場が高くなったり、安くなったりするんですね。

 

 

 

>>>こちらの記事で一括車査定サイトを紹介しています。【無料】