付属品は買取額が高い?

車の買取額,付属品

車を買取出す際には、、外装や内装など、車の本体ばかりに気を取られがち・・・
ですが、付属品にも、評価対象だということを忘れてませんか?

 

 

付属品とは、ユーザーが取り付けたオプションのことでもあります。
中でも、カーナビなどは、付属品の中でも買取額アップの対象になることもあり、無理に外さないで、次に使う予定がないのなら、そのままにして買取に臨む方がお得なケースも多々あります。
引っ越ししたばかりの部屋に前の住人がエアコンを設置したままにしてあるということがありますが、カーナビもそれと同様、次に使う人にとって、価値がある場合があるというので買取額アップが期待できるんです。

 

 

付属品の買取評価からいうと、カーナビの種類は、メーカーの純正品の方がよりプラス評価されることが多いようです。
しかし、人気のカーナビの場合は、買取額も高いので一概には言えません。
愛車を買取に出す前に動作確認も前もって行い、故障などがないかチェックしておきましょう。
また、取扱説明書や保証書もあったほうが買取の金額アップに貢献します。探しておくのがベターです。

 

 

カーナビの他にもETC車載器など、プラスになりそうな付属品はたくさんあります。
敢えてそのままにして買取に出し、少しでも高い買取金額を勝ち取りましょう。
ただ、付属品が壊れてしまっている場合はもちろんマイナスです。
そのような場合は、修理するか取り外すかして、マイナスにならないよう気をつけなければなりません。

 

 

また、あまりに派手な付属品、装飾を施したカスタムカーなどは、買取の値段がつかないばかりか、店舗によっては、マイナスの評価が下る可能性があります。
そのユーザーにとって魅力的なカスタムカーでも、売れる、売れないで考えたとき、需要があまりないといったことも考えられます。
カスタムカーを中古車の買取に出す場合は、その点にも注意しましょう。

 

 

付属品を、社外品のアルミホイールやマフラーなどパーツを交換している場合、
純正品は必ず保管しておき、
車の買取時に一緒に見せられるようにしておくこと。

 

 

付属品の買取評価では、カーナビと同じく、社外品のパーツにしても人気があるものは
評価されるのが、最近の風潮です。
特に、ディーラーと提携しているようなメーカーのパーツ、付属品は
買取業者を選ぶことで、思いのほか評価を高くうけます。
が、繰り返しにはなりますが、付属品買取においては純正品がある、ノーマルに戻せることは評価を上げる基本にはなりますので、
覚えておいてくださいね。

 

 

ただし、
車検に対応していない付属品、パーツの場合は評価の対象とはなりません。
純正品が手元にある場合、
実車査定の前に交換して戻しておきましょう。

 

 

 

>>>簡単に付属品込の買取額をチェックするならコチラに情報がまとめてます

付属品は車査定の金額が高くなるってホント?関連ページ

車を売るときに気になる価格と年末のカンケイを先読み!!
車を売るときには、年末を超すかどうかが売却価格に大きく関係していることをご存じでしょうか?ほんの何日かで同じ車の価格が変動するんですよ!
無料の自動車査定サイトを使って高く車を売る対策!
無料の自動車査定サイトで調べると、自動車の相場もわかるし業者の価格競争をあおれて便利です。そして更に高く車を売ることを望んでいるなら・・・
グレードと車査定額の関係
車の査定額は、色々な要素で変わりますが、わかりやすいポイントとして、グレードがあります。
メンテナンス履歴が大事なポイント
愛車を買取に出すときに、意外とポイントになるのが、今までのメンテナンス履歴だったりします。。。なぜって、それは?
高い買取評価につながる車のボディカラーって何?
車の買取では高い評価になるボディカラーがあります。頭に入れておくだけで、買取時の交渉の場面でも役立ちますよ!!
中古車の査定の基準は何ですか?
愛車を売却するときに、その中古車の査定基準を把握していると正しい相場を把握する、その後の交渉術の上でも役立ちます。