事故車の査定が安い?ってホント?

事故車,査定

事故車になったから、クルマを買い替える、という選択をする方も多いですよね。
クルマの状態によっては、保険金+追い金をして買い替えてしまうなど。

 

 

そんな時の事故車の査定についてですが、状態にもよりますが、事故車だからといって、二束三文の査定額しか出ないだろう、とあきらめの姿勢はもったいないです。
(程度によって、事故車になったことによって減額された分が保険会社に請求できるケースもあります。)

 

 

 

事故車のまま売るにしても、その状態、車種によって、中古車市場で需要の高い場合があるからです。
もちろん事故車でないクルマと比較して、減額されるのは確実ですが、
海外で需要がある車種などは、そのまま海外へ輸出されて
現地で安く修理をして、再販されますので、日本で売るより買取業者も一定以上の利益が手に入るので
買取需要はあるのです。
(週単位で中古車相場は動きます。あなたの事故車を欲しいと思っている業者が多い場合は値も高くなります)

 

 

 

海外から見た日本のクルマのイメージは高く、日本で全く需要がなかったとしても、
日本よりも高値で売れることもあります。
例えば、ランドクルーザーやハイエース、カローラなどは、海外市場で安定した人気を保っています。

 

 

 

また、日本の中古車は発展途上国などを中心として
盛んに輸出されているので、それに伴い中古車のパーツも非常に需要があります。
走行できない程度の事故車であったとしても、使えるパーツをパーツ取りをする業者などは、買取をしています。

 

 

 

事故車を売る場合、買取店によって、得意としているジャンルは違います。
いくつかの店舗で査定をしてみる、比べる、というのがオススメです。
また、下取りよりも車買取店に売却をしたほうが、売却後の流通ルートも豊富なため高い査定額がつくことが多いようです。

 

 

 

 

>>>事故車をいくつかの買取店で査定をするならこちらの記事を参考にしてください

 

 

事故車は車査定額が安い?ってホント?記事一覧

事故車になったから、もう廃車にするしかないんじゃないか!と、思ってる人も多いようですが、それは違います。なぜ、事故車を廃車にしなくてもいいか?については、こちらの記事でも紹介していますが、事故車とはいえ、立派な資産価値がある、つまり売れるんですね(*^。^*)だから、わざわざお金をかけて廃車にする必要がないのです。これは、事故車以外にも、水没車や動かない不動車なんかにも通じて言えることです。日本の...

廃車には、一時抹消登録と永久抹消登録の2種類の手続きがあります。このうち、一時抹消とは車検などが切れてしまったクルマを、売買したり、維持するために行う処置。永久抹消は、そのクルマ自体の形をなくすこと。一般的には、廃車というとこの永久抹消をイメージする方が多いかもしれませんね。スクラップ工場でつぶしてしまう車というのは、永久抹消をしたクルマでないと出来ないことです。一時抹消した車を売ることは出来ます...

不要になった車を処分する方法として、中古車買取店を訪れるというのが一般的になっています。買い取ってもらうことで得たお金を新車の購入費用として充当できますから、とても便利なサービスです。しかしこれは車がまだ動く場合のみに限られ、動かなくなって放置している車(不動車)は廃車にするしかないと考えている人も多いようです。実際にはこうした動かない車(不動車)も、買取店では査定を行った上で引き取ってくれます。...