車は、10万キロを超えたら0円って、それホント?

10万キロを超えた車車を買取に出すときに、10万キロ以上走行したいわゆる過走行車の場合、評価はつくのでしょうか?

 

 

 

一般的に10万キロを超えた走行距離の車は、0円評価なんて言われてますが、それは違います。
100歩譲って、走行しない車、事故車だったとしても、
車には、鉄スクラップとしての価値や
使える部分の中古パーツとしての価値があります。

 

 

日本車は、車検も義務付けられていることから、メンテナンス状況もよく、
耐久性も高いということで、例え10万キロを超えた走行距離の車でも海外から非常に人気があります。
中古車も世界中に流通しているので、当然、中古パーツもすごく必要とされているんですね。

 

 

ちなみに、10万キロを超えた走行距離の車は、日本では、過走行車なんて呼び、
嫌煙されがちですが、
海外では、20万キロでも、30万キロでも、ガンガン現役で走り回っていたりします。

 

 

つまり、日本人の感性で価値がないと思っている10万キロ超えの車でも、
外人からみるとお宝だということです。

 

 

海外で人気のあるタイプの車などは、10万キロを超えた走行距離の車でも
びっくりするような買取額がついたりするんですよ。
輸出する国によって、人気の傾向は違いがありますが、メーカーでいうとトヨタや日産などが好まれています。

 

 

ということで、
10万キロを超えた走行しているから売れない、なんて思い込みはもったいない!
無料の一括買取サイトなどで、一度見積をしてみるといいですよ。
中には、すぐに概算額がわかるサービスもあるので、今すぐいくらで売れるかを調べたいときにも便利なサービスです^^