車を売る時期によって税金を払わずに済みます。

車を売る時期で税金の支払いが決まるコトご存知ですか?

 

 

車の税金、自動車税は毎年4月1日 時点の使用者(使用者に記載ない場合は所有者)に納付書が届くのはご存じのとおり。

 

 

3月中に車を売却しても、買取店等の売却先が3月31日までに名義変更もしくは抹消登録を行なかった場合は、売主いわゆる「あなた」に自動車税の納付書が届いてしまいます。

 

車売る,時期,税金

 

しかも、自動車税の税金の納付書は概ね5月初旬に届くので、前の売ってしまった車のことなど忘れた頃に突然送られてきます。

 

 

こういった場合、自動車税の税金の納付書を売却先に渡し支払ってもらうか、それとも税金を一旦こちらで支払ってお店側に代金を請求するなど、方法はいくつかあります。

 

 

しっかりした業者であれば、車を売る時期に当然のことながら税金についての説明はありますし、税金について立替返金となった場合でもスムーズだとは思いますが、オークション等の「個人売買」等では、当事者同士の話し合いで税金の扱いについても、年額から譲渡月を月割計算で負担する方法が一般的なようです。

 

 

車を売る際は、買取価格だけに気がいってしまいがちですが、トラブルにならないためにも、車を売る時期によっては売却先(個人も含め)へ税金の取り扱いに関してはしっかりと確認を取っておきましょう!

 

 

 

 

⇒車を売る時期によって税金の支払いは決まります。車の相場をチェックするならコチラ

車を売る時期によっては税金を支払わなくてもいいって?関連ページ

すぐに車を売らない場合に得をする方法
車を売るときには、すぐに売れる場合、何か月か先じゃないと売れない場合がありますが、今回はすぐに車を売らない場合に、もっとも得する手段についてご説明します。