すぐに車を売らない場合に、損しない秘訣は?

すぐに車を売らない場合

車を買取などで売る時に
一番、買取価格が高くなるのは、すぐに車を売る事です。
すぐにといっても、1社で見積りをしてみて即決で売る、という意味ではありません。

 

 

車の買取相場は、色々な要素で変わるのですが、
基本的には新しいほうが高い!
ということは、手元に置いておく期間が長引けば長引くほど
車の価値が下がる、評価が落ちていくということです。

 

 

ただ、単純に車を売る・手放す場合には、
こちらの記事でも説明しているように複数の買取店舗で
見積りをとって、競合してもらって、
一番高く売れる業者に売ればいいのですが、
その見積額は何か月か先、例えば人気車を購入して納車まで何か月かあるような時にははっきりとは出せないのです。 

 

 

 

買取店のスタッフは、実車を確認して、その時々のオークションの相場や
店舗の在庫状況、注文状況などを加味していって買取額をはじきだします。

 

 

ですので、すぐに車を売らない場合、例えば車を売るのが何か月か先というとその間に
車の状態も不具合箇所が出てきたり、事故を起こしてしまうかも知れませんし、
その車種の相場も変動します。
そういったいろいろなリスクも含め考えると、どうしてもすぐに車を売らない場合、買取店としては低い買取額、無難な買取額しか出せないのですね。

 

 

やっぱり一番車を高く売るには、
すぐに売れる状態の車ということになります。
そうすると、すぐに買取できる手に入るということで
査定額も交渉次第で高くすることが可能です。
買取店でも個人の営業ノルマを設定しているので、
すぐに契約できるとなると、必死になり買取額の交渉が最もしやすいのです。

 

 

 

つまり納車待ちなどで、車を売るまでに何か月かある場合、すぐに車を売らない場合に損をしない査定方法というと、
@まず、大体の買取相場・目安になる買取額を知るために査定をとってみる。

 

 

A新車ディーラーには、最初は下取り車があるとは言わずに、
値引交渉が限界になった時点で、
下取り車を出す場合には、いくらになるかを確認する。
あなたは、事前に相場を調べているので、この額が高いか安いかは判断できるはずです。
また最初から下取りがあるとディーラーに言ってしまうと、新車の値引きを減らして、下取り額に水増しされてしまうので必ず、後からいうようにしましょう。
納得のいく金額だったら、「下取りに出す場合は、○○円」など
一筆書いておいてもらってください。

 

 

Bそして、納車時期が決まって、
実際に車を手放す前に、ネットの一括買取サービスなどを使って複数の買取店を競合させて
一番高く見積してきた店舗又はディーラーで売るというのが良いでしょう。

 

 

買取店で売ることになった場合、
ディーラーには親戚に売ることになったから、など適当な理由をつけておけば大丈夫なはずです^^
これが、すぐに車を売らない場合に、現時点でもっとも得をする方法になります!
ようするに、すぐに車を売らない場合であっても事前に下準備はしっかりしておくのがポイントになるんですね。

 

すぐに車を売らない場合に得をする方法関連ページ

車を売る時期によっては税金を支払わなくてもいいって?
車を売る時期と税金は、結構関係が深い!売る時期を見極めれば、払わなくていい税金もあるから!