クルマに凹みや傷があるのはアウト?

凹み,傷,クルマ

クルマの乗り換えなどで、それまで乗っていたクルマを売るときに、
凹みや傷があったなら、買取評価は低くなるのでしょうか?

 

 

もしも、そのクルマに板金が必要なほどの大きな凹みや傷がある場合は、
確かに低評価の対象にはなります。
しかし、だからといって、買取額を高くしようと板金修理に出したほうがいいのでは?と考える人がいますが、
これは、避けたほうが無難です。
なぜかというと、凹みや傷を直すためにかけた修理代金以上に買取額は高くならないからです。

 

 

買取専門業者は、提携先の工場などがあるので、
一般よりも安クルマの凹み、傷などの修理が可能です。
だから、私達が修理代金をかけて、クルマを綺麗にしたとしても
その金額分が買取額にプラスされないのです。

 

 

 

また、軽い凹みや1cmに満たない程度の傷は、
それほど、買取額には響かないので
気にしなくてもよいでしょう。

 

 

 

つまり、大きくても小さくても凹みや傷のあるクルマを買取に出すときには、そのままの状態で出したほうがベストということですね。 

 

 

>>>凹みや傷のあるクルマ、ネットで見積りできますよ。こちらから。